【アロエベラ@ガイド】 :効果・効能・育て方・栽培など

アロエベラの栽培

■アロエベラの育て方

アロエは、手間がかからない植物です。手間をかけすぎると失敗してしまうくらいで、基本的にはほうっておくくらいでちょうどよい植物です。ただ、もともと熱帯乾燥地帯の植物なので、それにあった育て方をしましょう。

□温度:
アロエは気温が高い、日当たりのよいところを好みます。水分が非常に多い植物のため、冬場はアロエが凍ってしまいます。キダチアロエは比較的寒さに強いアロエですが、アロエベラは寒さに弱いので、沖縄以外では鉢植えがよいでしょう。冬場は室内に入れ、直射日光のあたる所に置くのがよいでしょう。温度差に弱いので、鉢の移動を頻繁に行わないようにしましょう。冬になると茶色くなることがありますが、春になればまた緑に戻ります。

□水:
アロエは乾燥地帯の植物なので、水はやり過ぎないようにしましょう。水をやりすぎると根が腐ってしまいますので、真夏以外の水やりは週に1回位にしましょう。真夏は、土が乾いていれば時々水やりしましょう。多少忘れていても問題はありません。アロエの葉のゼリー状の部分で水分を蓄えることができますので、水は少なめでも枯れることはありません。

□土:
アロエは乾燥地帯の植物なので、水はけのよい土に植えましょう。酸性の土に弱いので、石灰などでちょうせつするとよいでしょう。アロエ専用の排水性に優れた土も売られています。

□肥料など:
アロエにあまり肥料は必要ありません。過剰に肥料をやりすぎると、大きくはなりますが間延びしてしまいます。もし肥料を与えるのであれば、牛糞や堆肥などの有機肥料がおすすめです。食用にする場合は特に肥料にもこだわり、化学肥料はつかわないようにしましょう。アロエに農薬などは必要ありません。アロエは虫の害や雑草を気にしなくても育てられる植物です。


▲このページの上部へ
Copyright c 2010-2016 【アロエベラ@ガイド】 :効果・効能・育て方・栽培など All Rights Reserved.