【アロエベラ@ガイド】 :効果・効能・育て方・栽培など

アロエベラの利用方法

■アロエベラ化粧水の作り方

アロエを利用した化粧品は数多く出回っていますが、化粧水は自分で作ることもできます。新鮮なアロエの葉を使って、自分の好みの化粧水を作ってみるのもよいでしょう。

□アロエ汁(アロエ原液化粧水)の作り方
1)アロエの葉をよく洗い、とげを完全に取り除きます。
2)おろし金やミキサーなどですりおろし、ガーゼでこします。
3)こした汁を利用します。
いきなり100%のアロエ汁を使うのではなく、精製水か普段使っている化粧水に混ぜて使い、徐々にアロエの割合を増やしましょう。冷蔵庫に入れて4日程度保存できます。

アロエの汁をそのまま使ってもよいのですが、ヒリヒリとした刺激を感じる場合があります。刺激は、アロエの針状結晶及びシュウ酸カルシウムによるもので、赤くかぶれることもあります。そこで、アロエエキスかアロエ酒を作っておいて、それを利用して化粧水にすることをおすすめします。

アロエエキスは煮沸するので、アロエのアクを取り除いて刺激を無くすことができ、殺菌することで保存が利くようになります。アロエ酒も同様にかぶれる成分を押さえてくれますが、デリケートな肌の方にはアルコールが合わないこともよくあります。いずれにしても、針状結晶及びシュウ酸カルシウム以外の成分が合わないこともありますので、パッチテストで問題がないか確かめてから使いましょう。

□アロエエキスの作り方
1)アロエの葉をよく洗い、とげを完全に取り除きます。
2)おろし金やミキサーなどですりおろし、ガーゼでこします。
3)こした汁を煮沸します。アクが出てくるので、取り除きます。
4)煮沸によって蒸発した分の水を加えると、100%のアロエエキスになります。
(大体30分ほどすれば、ほぼアクを取り除くことができると思われます)

アロエエキスは、冷蔵庫に入れても1ヶ月くらいで使い切ることが望ましいですが、冷凍庫に入れれば長期保存することも可能です。冷凍したアロエエキスを解凍する場合は、冷蔵庫で解凍しましょう。

□アロエ酒の作り方(化粧水用)
1)飲むアロエ酒とは違い、氷砂糖は入れません。
2)ロエの葉をよく洗い、とげを完全に取り除きます。
3)アロエの葉数本を刻み、ホワイトリカー1.8Lに1ヶ月ほど付けこみ、冷暗所に保管します。

アロエ酒は保存がききます。アロエエキスやアロエ酒に、精製水を混ぜて化粧水にできます。はじめは精製水のほうが多いくらいで、徐々に同量程度にしていくとよいでしょう。また、グリセリンを全体の10%程度加えると、しっとりした使用感を楽しめますのでおすすめです。


▲このページの上部へ
Copyright c 2010-2016 【アロエベラ@ガイド】 :効果・効能・育て方・栽培など All Rights Reserved.