【アロエベラ@ガイド】 :効果・効能・育て方・栽培など

アロエベラの薬効

■塗って効く症状

アロエは、外用としても様々な用途で用いられています。アロエは化粧品としても用いられるほどで、基本的には肌に優しいものです。しかし、中には肌に合わない体質の方もいらっしゃいますので、パッチテストで大丈夫かどうか確認してから利用されることをおすすめします。もし特に問題がなくても、より低刺激にしたいという場合は、アロエの葉のゼリー状の部分を絞ったものを一晩冷蔵庫において、上ずみ液を利用するとよいでしょう。

□やけど、擦り傷、切り傷、湿疹、にきび、しもやけ、痔、水虫など:
アロエには殺菌効果がありますので、古くからやけどや傷などの治療に使われています。葉のゼリー状の部分を利用するので、アロエの葉を流水で丁寧に洗い、皮をむいてから利用します。切断面を擦り付けて汁を塗りつけたり、ゼリー状の部分そのものを患部に貼り付けて利用します。ゼリー状の部分をすりおろして汁を付ける場合は、ガーゼですりおろしたものを包んでつけるとよいでしょう。ゼリー状の部分そのものを貼り付ける場合は、熱湯をかけて消毒してから使いましょう。やけどが焦げるほどだったり、切り傷が深いなど重症の場合は、アロエの利用は止めましょう。水虫の場合は、じゅくじゅくしたタイプの場合は向いていません。完治するまで続けましょう。

□肩こり、打ち身、捻挫など:
患部にアロエのゼリー状の部分をすりおろしたものをのせて、ガーゼで湿布します。すりおろすときは、清潔なおろし金を使いましょう。アロエをすりおろしたものと小麦粉を混ぜると、粘度が高まって塗りやすくなります。最近は粘着力の弱い肌の弱い人用の湿布も発売されていますが、アロエのほうがより肌に優しい湿布といえます。

□肩こり、打ち身、捻挫、あせも、にきび、湿疹、小さな傷、アトピー性皮膚炎、日焼け、ダイエット、美白、美肌など:
肩こりなどには、アロエの汁やゼリー状の部分を塗布するだけでなく、入浴剤として用いても効果的です。アロエの葉のとげを完全に取り除き、洗ってから1センチ角くらいに切ったものを布で包んで使います。アロエは、血行促進効果があるので、体が芯から温めてくれます。また、老廃物の排出を促し、新陳代謝をよくしてくれる効果があります。体を温めて脂肪の代謝を促すので、ダイエット効果も期待できます。炎症を抑える効果もあるので、軽い傷や湿疹の治癒効果があります。化粧品などでも利用されているように、肌がすべすべになり、美肌効果があります。

[スポンサードリンク]
ハイジニーナ脱毛エステ口コミランキング
VIOラインをまとめて脱毛したい方必見!ハイジニーナコースをミュゼ・銀座カラーなどで比較


▲このページの上部へ
Copyright c 2010-2016 【アロエベラ@ガイド】 :効果・効能・育て方・栽培など All Rights Reserved.