【アロエベラ@ガイド】 :効果・効能・育て方・栽培など

アロエベラ基礎知識

■アロエの歴史

アロエベラの原産は、アフリカ西インド諸島のバルバドス島といわれています。アロエは古くから用いられていたということが、記録からもわかります。

最も古い記録は、紀元前1550年頃の古代エジプトの医学書「エーベルス・パピルス」です。アロエはたとえば眼病などに効くということなど、処方方法が記されていたそうです。また、ミイラを作るときに防腐剤として使うとも書かれていただとか、世界三大美女のクレオパトラは、アロエベラの液を体に塗る美容方法をしていたそうです。3500年ほどまえからアロエに薬効や美容効果などがあると知られていたことがわかります。

ヨーロッパでは、古くからアロエの効果は知られていました。紀元前一世紀頃の「ギリシャ本草」には、アロエの様々な処方方法が記されていたり、「新約聖書」「ヨハネ伝」にも載っていたそうです。12世紀には、ドイツの法律でアロエの薬効が認められたそうです。

アジアでも、アロエはシルクロードを経て中国に伝わり、日本にも伝わりました。日本には鎌倉時代に中国とポルトガルから伝わりました。中国ではロエと呼ばれていて、李時珍の著書「本草網目」にて紹介されていました。同じ頃、キリスト教の布教にやってきたポルトガルの宣教師も、アロエを持ってきました。中国から伝わったのはケープアロエ、ポルトガルから伝わったのはキダチアロエだったのではないかと言われてます。江戸時代の文献でも、アロエの薬効について述べられていて、すでに日本でも薬用に使われていたことがわかります。日本では、もともと中国の読み方をまねてロカイと呼んでいましたが、次第にアロエという読みが広まりました。

明治時代には、民間療法として使われていたアロエも日本薬局方で正式に薬として認められました。その後、第二次世界大戦後にアロエは現在のように普及しました。特にキダチアロエは日本の風土に合っていて育てやすいので、人気が高まり、広く知られるようになりました。今では、医者要らずと言われるようになり、やけどの治療などに効くことも知れ渡っていて、アロエを使った化粧品も大手会社から発売されたりしています。


▲このページの上部へ
Copyright c 2010-2016 【アロエベラ@ガイド】 :効果・効能・育て方・栽培など All Rights Reserved.